潤滑油添加剤

潤滑油添加剤・サイノス-M

潤滑油添加剤・ケミチューン 600サイノス-Mは、金属面に完全付着した極圧剤の特性で、乾燥摩擦(ドライスタート)の不安がありません。
完全吸着した極圧剤に超微粒子のファインセラミックスが積層配列し、極圧潤滑性を著しく向上させます。
ファインセラミックスは耐熱性(900℃)にすぐれ、吸着している油膜切れなどの不測の熱事故に耐えられます。


サイノス-Mの効果

超高感度レスポンス

固体潤滑剤により摩擦が著しく減少するためメカニカルノイズが減少し、エンジンレスポンスが向上します。

クールでタフな走り

冷暖房中の渋滞走行や連続的な高速上り坂でも摩擦熱の発生が少なく、油温が安定、驚くほどクールでタフな走行が実現します。

ドライスタートもOK 

初期摩耗を完全に防ぐため、ドライスタート・ノーアイドリングも楽々OK! 
何万km乗っても摩耗による劣化が起きません。

コールドスタートも簡単

冬の寒い朝などオイルが固くなっていても、燃料の気化が多少悪くても、バッテリー容量が低下しても、エンジンがスムーズに回り、かかりやすくなります。

摩擦損失が減り、燃費が確実に向上

摩擦によるエネルギーロスは、エンジン・各ギアを合わせると燃費が15~40%ロスするといわれています。
ケミチューン600・350に比べ、このロスを確実に減少させるため、必然的に燃費が向上します。
また、登板力もアップします。

オートマティックミッションには別売の「ケミチューンAT」をご使用ください。
「ケミチューンAT」は金属被膜剤のほか、オイルの流れをよくしたり、ゴム部品を
半永久的に保護する特殊成分が配合されています。

サイノス-Mの使用方法

各オイルの注入口より添加してください。
少し走行すれば自動的に特殊合金被膜が形成され、軽快な走りと摩耗防止効果が得られます。

添加量はオイル量の6.4%が標準です。

注意事項
  • 植物性オイルには使用しないでください。
    併用も禁止です。
  • 2サイクル混合タイプには使用しないでください。
  • 一部沈降しています。
    よく振って完全に分散してから使用してください。
  • オイル温度が多少上昇するまでアイドリングをおこない、エンジンを止めてオイル注入口より適量投入してください。
  • 投入完了後20~30分間アイドリングをするか、直後に走行して添加剤とオイルの均一化を図ってください。
    ※均一化をしたオイル中では再び沈降はおきません。
  • 「サイノス-M」は、オイル量の6.4%(オイル1Lに対し80ml)を投入してください。
  • 添加後、約500km走行で全ての摺動金属面に極圧剤と固体潤滑剤の混和した吸着分子の積層膜を形成します。
  • 吹き上げの多いエンジンは、数回に分けて投入してください。
グラスコートエックス
COATING MENU
  • 中間処理剤
  • ガラス繊維系
  • ガラス系
  • メンテナンス系
FUEL ADDITIVE
  • 潤滑油添加剤
  • 燃料添加剤
  • コーティングなどのカーメンテナンス用品販売サイト
COMPANY GUIDE

グラスコート・コーティング剤の
株式会社カネヒラ・コーポレーション
東京都東村山市青葉町3-16-5

TEL:042-394-2043

FAX:042-391-2202

お問合せ・資料請求